PRIUS PHV 今冬 日本発売予定

フロントからリヤまでスタイリッシュ

4つの眼が輝く先進的なLEDヘッドランプ、
2つのふくらみが組み合わさった全く新しい後ろ姿、
そして、骨から変えて作り上げた、アスリート体型。

PRIUS PHV 今冬 日本発売予定

2016年ニューヨーク国際オートショー出展車両(国内仕様車とは異なります)

37.0km/L*1の燃費を実現

「新プラグインハイブリッドシステム」が、目標値37.0km/L*1の燃費を実現しました。
そして、量販車では世界初*2のソーラールーフ*3を搭載。
トヨタがまた、クルマの歴史を変えました。

PRIUS PHV 今冬 日本発売予定

*1 燃料消費率【JC08 モードトヨタ自動車測定値】燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。
使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時)に応じて燃料消費率は異なります。
*2 2016年4月末時点(トヨタ自動車調べ)
*3 ソーラー充電システムは、一部の特定グレードへのオプション設定となります。

「人の感覚」に寄り添ったインテリア

先進性と機能性が融合するコクピットデザイン。
先進性のシンボルとして、強い存在感を放つトヨタ初の縦型ディスプレイを採用。

PRIUS PHV 今冬 日本発売予定

2016年ニューヨーク国際オートショー出展車両(国内仕様車とは異なります)

ギャラリー

スペック

主要諸元

新型プリウスPHV 新型プリウス 従来型プリウスPHV
記者発表時期 今冬 2015年12月9日 2012年1月
グレード 2WD 「S」 E-Four「S」 2WD 「S」
総排気量 L 1.797 1.797 1.797
トランスミッション 電気式無段変速機 電気式無段変速機 電気式無段変速機
駆動 2WD(FF) 2WD(FF) E-Four 2WD(FF)
全長mm 4,645 4,540 4,480
全幅mm 1,760 1,760 1,745
全高mm 1,470 1,470 1,475 1,490
ホイールベースmm 2,700 2,700 2,700
室内長mm 2,110 2,110 1,905
室内幅mm 1,490 1,490 1,470
室内高mm 1,195 1,195*1 1,225
車両重量kg 1,510 1,360 1,430 1,410
乗車定員 名 4 5 5
最小回転半径m 5.1 5.1 5.2
タイヤサイズ 195/65R15 195/65R15*2 195/65R15

エンジン / モーターの主要諸元

新型プリウスPHV 新型プリウス 従来型プリウスPHV
グレード 2WD 「S」 E-Four「S」 2WD 「S」
エンジン種類 直列4気筒 DOHC 直列4気筒 DOHC 直列4気筒 DOHC
エンジン型式 2ZR-FXE 2ZR-FXE 2ZR-FXE
総排気量 L 1.797 1.797 1.797
最高出力〈ネット〉kW(PS)/r.p.m. 72(98)/5,200 72(98)/5,200 73(99)/5,200
最大トルク〈ネット〉
N・m(kgf・m)/r.p.m.
142(14.5)/3,600 142(14.5)/3,600 142(14.5)/4,000
モーター型式 1NM/1SM 1NM 3JM
最高出力kW(PS) 53(72)/23(31) 53(72) 60(82)
最大トルクN・m(kgf・m) 163(16.6)/40(4.1) 163(16.6) 207(21.1)
システム最高出力*3kW(PS) 90(122) 90(122) 100(136)
JC08モード走行燃費km/L 37.2 34.0
JC08モード走行ハイブリッド燃費km/L 37*4 31.6
EV走行換算距*5 km 60以上 26.4

空力特性

新型プリウスPHV 新型プリウス
CD値 0.25*6 0.24*6

*1チルト&スライド電動ムーンルーフ装着車は 1,145mm。
*2 “ツーリングセレクション” は 215/45R17。
*3 エンジンとモーターにより、動力性能として発揮できる出力。トヨタ自動車算定値。
*4 開発目標値。
*5 外部充電による電力のみを使用した走行に相当する距離。
*6 トヨタ自動車測定値。
■ 数値・諸元などは検討中のものであり、変更する場合があります。

■掲載されている写真は開発段階かつ一部米国仕様のものも含まれており、量産モデルとは仕様が異なる場合があります。
また、数値・諸元などは検討中のものであり、変更する場合があります。